意匠登録.com > トピックス > 各種の意匠登録制度

各種の意匠登録制度-トピックス

様々な意匠登録制度

意匠登録には、下記のような様々な制度があります。

部分意匠

部分意匠とは、物品の部分についての意匠です。
物品のある一部分を新規に創作したデザインとした場合に、その部分に特に特徴がある物品を、全体としての意匠ではなく、部分意匠として出願し、特徴ある部分を第三者に模倣されることを防止することに役立ちます。

関連意匠

関連意匠とは、本意匠と類似する意匠を本意匠と同日に出願した場合に限り、登録することができる意匠です。
デザイン開発の多くのバリエーションを同時期に創作し、これらを関連する意匠として登録することで、権利を明確にすることができるため、効果的に保護することができます。

組物の意匠

組物の意匠とは、セットになった複数の物品を、全体として一つの意匠と認め意匠権を付与するものです。
システムデザイン、セットものデザインなどであって、複数の物品を組み合わせ統一感を出したデザインなどの創作を保護することができます。

秘密意匠

秘密意匠とは、登録後最長3年の期間、登録意匠の内容を秘密にしてことができる制度です。
デザインは流行が早いものもあり、意匠は公開されるとすぐに模倣、盗用の危険にさらされるため、一定期間秘密にしておきたい場合などに有効です。

Share: